ひだ木フトとは

量販店でも木製品が安価に売られている時代。
そんな時代の中で、職人がアイデアを練り、手間をかけ一つ一つ想いを込めた作品を選んでもらうにはどうすれば良いのでしょうか。
人への贈り物「ギフト」に着目し、人生の大切な瞬間、大切な人へ選んでもらう商品を作りたい。その思いを持ちながら、私達は活動しています。

商品一覧へ

 
  

Craftsman introduction

  

職人紹介

   
    

永堀知鶴
Nagahori Chiduru

子育てしながら作家活動真っ最中です。

1985 飛騨市生まれ
   名古屋のデザイン専門学校でプロダクトデザインを学ぶ。
   卒業後、飛騨に戻り家具工房で営業・設計職に就く。
   木工の訓練校に入り、手加工・機械加工を学ぶ
   家具メーカー、木のおもちゃの工房にて働く。
   働きながら植林活動のボランティアをし、
   森や木への興味がより深まる
2014 地元での個展をスタートに「ruru made」として
   作家活動を始める
   クラフトマーケットや企画展に参加
   (主に岐阜・その他石川県・三重県など)
2016 娘を出産

北奥美帆
Kitaoku Miho

卒業するとき、
ウェグナーも初めは職人やったし、
ほんまの作るとこ知ったほうがいいもん出来る気もするし、
デザインを仕事にする前に
ゆっくり生活を観察する時間を取りたい!
と思って家具メーカーの製造に飛び込みました。
5年ほど経ってフリーになり、
美術品と道具の間の何かを作ろうと頑張ってます。

1989年生まれ
2013 東京芸術大学デザイン科卒
   (株)柏木工にて経験を積む
   (家具の製造10ヶ月→ショールーム3ヶ月→縫製)
   「SOTTEN3」グループ展/代官山ヒルサイドテラス
2017 「高岡クラフトコンペ」入選
   「AKKA2018」入選
2018 個人作家として独立

北川啓市
Kitagawa Keiichi

永い時間をかけて育った樹々に、尊敬と感謝の念を抱きつつ、樹の癖を活かせるようひとつひとつを大切に製作しています。

1967 岐阜県飛騨市河合村に生まれる
1985 岐阜県立高山工業高等学校インテリア科卒業
   地元飛騨の木工会社へ入社
   技術課を経て企画・デザインを手掛ける
1995 「岐阜県木工デザイン展」奨励賞受賞
1996 北々工房として個人活動を始める
   「デザインコンテストぎふ'96」最優秀賞受賞
1997 「ビアマグランカイ(北海道)」入選
1999 13年勤めた会社を退職し、北々工房として独立する
2003 東京「伊勢丹」出展'03~'17
2004 東京「日本橋三越」出展'04~'18
2006 東京「衎芸館」個展開催
   飛騨市文化ホール家具製作
2009 横浜「髙島屋」出店'09~'16
2016 飛騨高山に「kita kita shop」直営店オープン

片岡清英・片岡紀子
Kataoka Kiyohide・Noriko

思い時が経つほどにしみじみといいと思えるもの。
作った人の気持ちが伝わるもの。
そういうものに心惹かれます。
私たちの生み出したものが、誰かのそんな存在になってくれたらいいなと手を動かす日々です。

片岡清英
1969 岐阜県生まれ
1997 高山高等技能専門学校で木工を学ぶ

片岡紀子
1970 東京生まれ 岐阜県育ち
1995 高山高等技能専門校で木工を学ぶ
2000 kino workshopとして活動を始める
2007 岐阜県飛騨市古川町に自宅兼工房を移す
2016 併設のギャラリー「キノテンジシツ」をオープン